2007年01月29日

水や川の講演会・シンポジウム・イベント情報@新着分


************************************************
■テーマ:水や川の講演会・シンポジウム・関連行事情報
■情報源:水・川関連外郭団体のホームページ
************************************************

●「第3回 川でつながる発表会」
主催:新河岸川流域川づくり連絡会
日時:2007年2月12日(月)12:30−16:30
場所:ふじみ野市サービスセンター
 → http://www.ara.go.jp/arage/shingashi/happyoukai/images/2007info.pdf

●「国際シンポジウム『水のグローバルガバナンス』」
主催:日本学術振興会人文・社会科学振興のためのプロジェクト
日時:2007年2月27日(火)13:30−17:00
場所:東京大学農学部弥生講堂
 → http://www.uf.a.u-tokyo.ac.jp/~kuraji/BR/info/info_sonota-070227.html

●「社会へ貢献する地球システム科学としての水文学」
主催:東京大学、総合地球環境学研究所、水災害・リスクマネジメント
 国際センター(ICHARM)、土木研究所、京都大学防災研究所、山梨大学
日時:2007年2月28日〜3月2日
場所:つくばエポカル国際会議場
 → http://www.uf.a.u-tokyo.ac.jp/~kuraji/BR/info/info_sonota-0728-0302.html


2007年01月22日

水や川の講演会・シンポジウム・イベント情報@新着分


************************************************
■テーマ:水や川の講演会・シンポジウム・関連行事情報
■情報源:水・川関連外郭団体のホームページ
************************************************

●「「第106回 河川文化を語る会」北アルプスで発見された世界一若い花崗岩と山脈の隆起プロセス」
主催:日本河川協会
日時:2007年3月26日(月)18:00〜20:00
場所:厚生会館(全国土木建築健保)
 → http://www.japanriver.or.jp/kataru/kataru_no106.htm

●「第47回 砂防および地すべり防止講習会」
主催:(社)全国治水砂防協会
日時:2007年3月15日(木)〜16日(金)
場所:砂防会館別館 シェーンバッハ・サボー 利根会議室
 →http://www.sabo.or.jp/topics/info-kousyuu2007.htm 

2007年01月15日

水や川の講演会・シンポジウム・イベント情報@新着分



************************************************
■テーマ:水や川の講演会・シンポジウム・関連行事情報
■情報源:水・川関連外郭団体のホームページ
************************************************

●「「第105回 河川文化を語る会」小さな”Case”の大きな可能性〜桂高校草花クラブの挑戦〜」
主催:日本河川協会
日時:2007年2月26日(月)18:00〜20:00
場所:シェーンバッハ・サボー 3F「穂 高」
 → http://www.japanriver.or.jp/kataru/kataru_no105.htm

直圧直結給水の適用範囲を拡大@1/11東京都水道局

20070115i〓??Эj.JPG


************************************************
■テーマ:直圧直結給水の適用範囲を拡大します
■情報源:東京都水道局ホームページ
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/press/h18/press070111.htm
************************************************

2007年1月11日、東京都水道局は、直圧直結給水の適用範囲を拡大する規制緩和策を公表した。
貯水槽を設置することなく水道管から直接各階に給水できる方式の適用範囲を三階まで拡大。
これは、単純においしい水が飲める範囲が二階から三階まで広がったことを意味する。

蛇口回帰に向けた取り組みの一環。水道局の更なる取り組みに期待したい。
posted by 和田 at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水道行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

水や川の講演会・シンポジウム・イベント情報@新着分


************************************************
■テーマ:水や川の講演会・シンポジウム・関連行事情報
■情報源:水・川関連外郭団体のホームページ
************************************************

●「「防災とボランティア週間」水道フォーラム」
主催:横浜市水道局
日時:2007年1月13日(土)13:00〜15:45
場所:保土ケ谷公会堂および川辺公園
 → http://www.city.yokohama.jp/me/suidou/ja/press/press20061225-1.html

●「バスと船で巡る下水道と水環境 水の環境学習講座」
主催:東京都下水道局
日時:2007年2月14日(水) 8:00〜16:30
場所:東京臨海部周辺
 → http://www.gesui.metro.tokyo.jp/eve/infe0055.htm

「東京水道経営プラン2007(案)」策定@12/26東京都水道局

20070101-3i〓??Эj.jpg

「東京水道経営プラン2007(案)」表紙

(東京都水道局HPより引用)




************************************************
■テーマ:「東京水道経営プラン2007(案)」策定
■情報源:東京都水道局
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/press/h18/press061226-2.htm
************************************************

2006年12月26日、東京都水道局は、平成19年度からの新しい経営計画「東京水道経営プラン2007(案)」を策定し公表した。

この計画は、目標管理と成果重視の視点に立ち、都民への説明責任を果たしていくために平成19年度から21年度までの3年間に取り組んでいく施策の事業計画と財政計画を明らかにしたもの。

おいしい水を安全に、そして財務的に健全に供給していくための具体施策が判り易く整理されている。
posted by 和田 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 水道行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市民の目による河川空間評価「川の通信簿」公表@12/27国交省

20070101-2i〓??Эj.jpg

「調査結果の概要」表紙(国交省HPより引用)



************************************************
■テーマ:市民の目による河川空間評価「川の通信簿」の実施結果
■情報源:国土交通省河川局ホームページ
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/05/051227_.html
************************************************

2006年12月27日、国土交通省河川局は、市民の目による河川空間評価「川の通信簿」の実施結果を公表した。


川の通信簿は、全国の河川について、現地で市民と共同でアンケート調査を実施して良い点・悪い点を把握し、河川整備計画や日常の維持管理等に反映することにより、良好な河川空間の保全、整備、管理を図る目的で作られている。

市民の川づくりへの参画の大事なステップともいえる川の評価活動。
今後の取り組みの広がりに是非とも期待したいところだ。
posted by 和田 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 川の啓発・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成19年度河川局関係予算決定 @12/24国交省

20070101-1i〓??Эj.jpg

「河川局関係予算決定概要」表紙

(国交省HPより引用)



************************************************
■テーマ:平成19年度河川局関係予算決定
■情報源:国土交通省河川局ホームページ
http://www.mlit.go.jp/river/gaiyou/yosan/h19_index.html
************************************************

2006年12月24日、国土交通省河川局は、来年度の国が管理する河川事業の予算を公表した。

どんな施設に税金が投資され、またその費用はどのような金額か?
普段あまりコストの数値が表に出ない大型公共事業だが、是非この機会におおよその額だけでも見てみては如何だろう。

水から我々の生命を守るという行為は、決して安くはないことがわかるはず。
posted by 和田 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 河川行政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。