2006年12月25日

洪水等に関する防災情報体系の見直し実施要領について@12/20国交省

20061225-1i〓??Эj.jpg

「改善用語・表現」サンプル(国交省HPより引用)



************************************************
■テーマ:洪水等に関する防災情報体系の見直し実施要領
■情報源:国土交通省河川局ホームページ
http://www.mlit.go.jp/river/saigai/tisiki/disaster_info-system/index.html
************************************************

2006年12月20日、国土交通省河川局は、洪水等に関する防災情報体系の見直し実施要領を発表した。

洪水発生時、住民や報道機関、市町村等の情報の受け手の混乱を招かない様な情報発信・伝達とは如何なるものか?

これまでの「計画高水位」「危険水位」「警戒水位」「破堤」「越水」等々の専門用語が、判り易い言葉に改善される見込み。


posted by 和田 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災行政・災害支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

利根川水系河川整備計画策定の意見聴取方針公表 @12/18国交省

20061225-2i〓??Эj.jpg

「記者発表資料」表紙(関東地方整備局HPより引用)



************************************************
■テーマ:利根川水系河川整備計画(直轄区間)の策定に係る意見聴取の取り組みについて
■情報源:国土交通省関東地方整備局ホームページ
http://www.ktr.mlit.go.jp/kyoku/kisha/h18/767.pdf
************************************************

2006年12月18日、国土交通省関東地方整備局は、利根川水系河川整備計画策定の意見聴取方針を公表した。

日本を代表する河川、利根川流域の川づくり、計画つくりに対する今後の地域住民の関与の仕方を理解することができる。

平成9年の河川法改正で位置づけられた「住民参画」。
しかし、その関与のレベルで賛否両論ある中で、代表河川での動きは全国の河川にも影響を与えると思われ、今後の展開に注目。
posted by 和田 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 河川行政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

水や川の講演会・シンポジウム・イベント情報@新着分


************************************************
■テーマ:水や川の講演会・シンポジウム・関連行事情報
■情報源:水・川関連外郭団体のホームページ
************************************************

●「東京源流展 〜源流から解き明かす東京水圏の再生〜」
主催:法政大学エコ地域デザイン研究所
日時:2007年1月10日(水)〜14日(日)
場所:科学技術館
 → http://www.arsit.or.jp/

●「第2回東京湾再生のためのシンポジウム」
主催:東京湾再生推進会議
日時:2007年1月19日(金)10:00〜15:30
場所:芝浦港南区民センター区民ホール
 → http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/03/031213/01.pdf

●「河川情報センター講演会 これからの洪水ハザードマップを考える」
主催:(財)河川情報センター 
日時:2007年1月30日(火) 18:00〜19:30
場所:(財)河川情報センター 3F
 → http://www.river.or.jp/koueki/070130/index.html 

●「平成18年度(第54回)河川講習会」
主催:日本河川協会
日時:2007年2月15日(木)〜16日(金)
場所:津田ホール
 → http://www.japanriver.or.jp/information/h18_kasenkousyuu_pre.htm 

市民による第3回「身近な水環境の全国一斉調査」結果公表@12/14国交省

20061218i〓??Эj.jpg

第3回「身近な水環境の全国一斉調査」パンフ

(国土交通省HPより引用)


************************************************
■テーマ:市民による第3回「身近な水環境の全国一斉調査」結果公表
■情報源:国土交通省河川局ホームページ
http://www.mlit.go.jp/river/press/200607_12/061214/index.html
************************************************

2006年12月14日、国土交通省河川局は、簡易機材を用いた同一手法による第3回「身近な水環境の全国一斉調査」の結果を公表した。

この調査は、市民団体と国土交通省が協働により全国統一の手法で同一日に実施し、その結果を分かりやすいマップにまとめることで、身近な水環境に関する市民の理解と関心を深めようと言う試み。

こうした調査の継続により、市民の水環境に関する関心、流域の連携などの高まりを大いに期待したい。

posted by 和田 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 水環境行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回アジア・太平洋水サミットに関する閣議了解@12/14環境省


************************************************
■テーマ:「第1回アジア・太平洋水サミットに関する閣議了解」
■情報源:環境省ホームページ
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=7808
************************************************

2007年12月に大分県別府市で「第1回アジア・太平洋水サミット」を開催することが閣議了解される見込みとなった。

このサミットは、アジア・太平洋地域諸国の水問題の解決を目的とする非営利ネットワーク組織「アジア・太平洋水フォーラム」の主催で開催される国際会議。
各国政府首脳級、国際機関代表らを招いて、2006年12月3〜4日に大分県別府市での開催が予定されている。

水の世紀と言われる今世紀。水問題の解決に向け、世界レベルも大きな枠組みも、また地域、草の根レベルの地道な取り組みも伴に大切に違いない。
posted by 和田 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 水資源行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

水や川の講演会・シンポジウム・イベント情報@新着分


************************************************
■テーマ:水や川の講演会・シンポジウム・関連行事情報
■情報源:水・川関連外郭団体のホームページ
************************************************

●「第104回 河川文化を語る会『名水と環境と健康』」
主催:日本河川協会
日時:2007年1月22日()18:00〜20:00
場所:厚生会館(全国土木建築健保)
 → http://www.japanriver.or.jp/kataru/kataru_no104.htm

●「2006年度水辺を活かした環境学習・体験学習に関する全国事例研修会」
主催:子どもの水辺サポートセンター
日時:2007年1月24日(水)10:00〜17:00
場所:砂防会館 別館1階大会議室
 → http://www.mizube-support-center.org/information/new/index.html

●「第26回 防災セミナー」
主催:社団法人 全国防災協会
日時:2007年1月30日(火)
場所:砂防会館別館
 →  http://www.zenkokubousai.or.jp/

●「第54回 水源地問題実務講習会」
主催:財団法人 日本ダム協会
日時:2007年2月22日(木)〜23日(金)
場所:千代田区平河町・都市センターホテル オリオン(5F)
 →  http://wwwsoc.nii.ac.jp/jdf/suigenti54.html

2006年12月04日

「東京水道長期構想 STEP 〜世界に誇る安心水道〜」策定@11/27東京都水道局

20061204i〓??Эj.jpg

「東京水道長期構想 STEP 〜世界に誇る安心水道〜」表紙

(東京都水道局HPより引用)



************************************************
■テーマ:「東京水道長期構想 STEP 〜世界に誇る安心水道〜」を策定
■情報源:東京都水道局ホームページ
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/press/h18/press061127.htm
************************************************

2006年11月27日、東京都水道局は、四半世紀先を見据えた新たな施設整備長期構想として「東京水道長期構想 STEP 〜世界に誇る安心水道〜」を策定した。

首都東京にふさわしい未来の水道事業の姿が描かれている貴重な報告書。

酸素のように当たり前の存在となってしまった水道水だが、この機会にその有難さを考え直してみるのも面白いかもしれない。
posted by 和田 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 水道行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。